So-net無料ブログ作成
検索選択
LibreOffice Calc Basic ブログトップ
前の5件 | -

LibreOffice Calc Basic FileExists 関数でファイル(フォルダ)の存在を調べる [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic FileExists 関数でファイル(フォルダ)の存在を調べる。

LibreOffice 5.2.5.1_001.png 

書式
FileExists ( Name )

結果
Boolean

  True:対象フォルダ,ファイルは存在します
  False:対象フォルダ,ファイルは存在しません

 

Sub FileExists_test()
    'NASにファイルがあるかを調べる
    Dim fileURL As string

        fileURL = "smb://192.168.0.1/toshiba-1/Calc/So-netBlog統合管理.ods"
  
        If FileExists(fileURL) then
            MsgBox fileURL & " は存在します"
        else
            MsgBox fileURL & " は存在しません"
        End If
End Sub

 


LibreOffice Calc Basic FileDateTimeで更新日時を調べる その2 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic FileDateTimeで更新日時を調べる その2

OS LinuxMint18 cinnamon 64bit
LibreOffice 5.2

ファイルサイズを追加

書式 FileLen(URL)    
   Format(Number,"#,##0")--千単位で区切り

LibreOffice 5.2.5.1_095.png

 

 

Sub hikakuDateTime()
'file の更新日時の比較 (NAS PC)
Dim fileName,file1URL,file2URL As String
Dim file1DateTime,file2DateTime As String
Dim file1Len,file2Len  As long

    fileName="So-netBlog統合管理.ods"
    file1URL="smb://192.168.0.1/toshiba-1/Calc/" & fileName    'NAS
    file2URL="/home/telstar/ドキュメント/LibreOffice/Calc/" & fileName    'PC
   
    'FileDateTimeを調べる
        file1DateTime=FileDateTime(file1URL)
        file2DateTime=FileDateTime(file2URL)
    'Fileサイズを調べる
        file1Len=FileLen(file1URL)
        file2Len=FileLen(file2URL)
   
    'メッセージボックスに表示
        msgbox  fileName & chr(10) & "NAS--- " & file1DateTime & "  size "  & format(file1Len,"#,##0") _
        & " byte" & chr(10) & "P  C---  " & file2DateTime  & "  size "  & format(file1Len,"#,##0")  & " byte"
   

End Sub

 

 


LibreOffice Calc Basic FileDateTimeで更新日時を調べる [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic FileDateTimeで更新日時を調べる。

OS LinuxMint18 cinnamon 64bit
LibreOffice 5.2

NAS上のファイルとPC上のファイルの更新日時調べる(更新日時は保存した日時?)。
※ 更新日時が新しくても内容が新しいとは限らない。

LibreOffice 5.2.5.1_094.png

FileDateTime(URL)

 

Sub hikakuDateTime()
'file の更新日時の比較 (NAS PC)
Dim fileName,file1URL,file2URL As String

    fileName="So-netBlog統合管理.ods"
    file1URL="smb://192.168.0.1/toshiba-1/Calc/" & fileName    'NAS
    file2URL="/home/telstar/ドキュメント/LibreOffice/Calc/" & fileName    'PC
   
    'FileDateTimeを調べる
        file1DateTime=FileDateTime(file1URL)
        file2DateTime=FileDateTime(file2URL)
   
    'メッセージボックスに表示
        msgbox  fileName & chr(10) & "NAS--- " & file1DateTime & chr(10) & "PC---  " & file2DateTime

End Sub 

 


LibreOffice Calc Basic 複数のバージョンを使用している時のファイルを開くマクロ [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic 複数のバージョンを使用している時のファイルを開くマクロ

ファイルを開くマクロ

拡張子を判断して、開く?

Sub testopen()
Dim Dummy()
dim url1 as string

url1="/home/telstar/ドキュメント/LibreOffice/Calc/Basic.ods"

doc = StarDesktop.loadComponentFromURL(ConvertToUrl(url1), "_blank", 0, Dummy())
End Sub

shell関数を使用して開く

libreoffice5.2 -calc 以前はlibreoffice -calでOKだったのが、libreoffice5.2にしないとダメだった。
libreoffice5 -calc でもNG

LibreOffice 5.3.0.3_088.png
ファイルが見つかりませんは、LibreOffice Calcファイルが見つからないらしい?

Sub basic_Open()
'Shell関数を使用してファイルを開く

       Shell("libreoffice5.2 -calc", 1,"/home/telstar/ドキュメント/LibreOffice/Calc/Basic.ods")
   
End Sub

PCの環境の違いで、shell関数の場合は工夫が必要

shell関数を使用せず、 doc = StarDesktop.loadComponentFromURL(ConvertToUrl(url1), "_blank", 0, Dummy())を使用するほうがいいのかも?

追記
2つのバージョンをインストールしているのですが、インストール先が /optになっているのが原因?

libreoffice5.2,5.3.png

 


LibreOffice5.3 Calc Basicの保存 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice5.3 Calc Basicの保存

過去にも記事を書いた気がするのですが、再確認

Basicの保存は編集画面に表示されているテキストが拡張子basで保存される。
左側のオブジェクトカタログでモジュールを選択しても編集画面に表示しなければならない!

LibreOffice Basic_save.png

Basicの保存ボタンを押すと保存のダイアログが表示されファイル名を書いて保存する

私の場合はCalcフォルダ内にbasフォルダを作成して保存している

ファイル管理がいい加減なのが大問題!

bas — Dolphin_045.png

xxxx.basファイルはテキストなのでテキストエディタで開く

 

 


前の5件 | - LibreOffice Calc Basic ブログトップ