So-net無料ブログ作成
検索選択
LibreOffice Calc Basic ブログトップ
前の5件 | -

LibreOffice Calc トレースを全て削除するマクロ [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc トレースを全て削除するマクロ
LibreOffice Calc_trace.png
メニューバー→ツール→トレース
トレースはセルの数式の参照元を矢印で表示する、ショートカットキーは Shift + F9
参照先を表示するショートカットキーは Shift + F5
トレースを表示して参照を確認後トレースを削除(消す)のにいちいちツール→トレース→削除を実行するは面倒なので、マクロの記録でトレースの全て削除を記録した。
記録されたマクロ
sub traceDelete
rem ----------------------------------------------------------------------
rem define variables
dim document   as object
dim dispatcher as object
rem ----------------------------------------------------------------------
rem get access to the document
document   = ThisComponent.CurrentController.Frame
dispatcher = createUnoService("com.sun.star.frame.DispatchHelper")

rem ----------------------------------------------------------------------
dispatcher.executeDispatch(document, ".uno:ClearArrows", "", 0, Array())


end sub
このマクロをツールバーに登録すれば操作が簡単。
ツールバーにマクロ登録するには、メニューバー→ツール→カスタマイズ→ツールバー
新規ボタンを押してツールバーを作成(下図ではtool1)
コマンドを追加ボタンを押す
カスタマイズ_122.png
カテゴリーからLibreOfficeマクロ→マイマクロから保存先をクリック→コマンド欄に表示されたら選択して追加ボタンを押す。
コマンドを追加_123.png
ワークスペース 1_124.png
変更ボタンを押してアイコンの変更や名前の変更をする
↑↓ボタンで並び替えもできる。
カスタマイズ、ダイアログに戻ってOKを押してツールバーマクロが表示される
-
数式のあるセルでF2キーを押すと数式、参照元が表示される。
-
LibreOffice Calc_125.png
まとめ
F2キー 数式参照元表示
Shift+F9キー 参照元を矢印で表示
Shift+F5キー 参照先を矢印で表示
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

LibreOffice Calc Basic NASに保存するマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic  NASに保存するマクロの実験
※NASは無線LANルーターUSBメモリーを使用した簡易NASの事
Blogのエディタが変わった、、旧htmlは新ではソースコード
 
 
Sub NASdateBackUP()
' ルーターの簡易NAS に日付を先頭に付加して保存
'例 test.ods     20170421test.ods

'ファイル名取得
    fileName=ThisComponent.title
        'Print fileName
'日付から / を削除 置換 2017/04/21   20170421
    st=Replace(date,"/","")
        'Print st
'NASに保存
    saveURL="smb://aterm@192.168.0.1/Toshiba-1/Calc/" & st & fileName
        'Print saveURL

    ThisComponent.StoreAsURL(saveURL ,Array())

        msgbox  saveURL & chr(10) & " 保存完了"

End Sub

 

 

Calc_094.png


LibreOffice Calc Basic 表示画面の拡大、縮小をするマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LbreOffice Calc Basic 表示画面の拡大、縮小をするマクロの実験

OS LinuxMint18Cinnamon64bit
LibreOffice5.2

LibreOffice Calc_zoom.png

Sub zoom_in
'Calcのみ 表示拡大
    '現在のzoom値
        zoom_value= ThisComponent.CurrentController.zoomValue
    'Print zoom_value
    'zoomvalueセット
         ThisComponent.CurrentController.zoomValue=zoom_value+10
 
End Sub

Sub zoom_out
'Calcのみ 表示縮小
    '現在のzoom値
        zoom_value= ThisComponent.CurrentController.zoomValue
    'Print zoomvalue
    'zoomvalueセット
         ThisComponent.CurrentController.zoomValue=zoom_value-10
 
End Sub

Sub zoom_100
'zoom値を標準にする
    'zoomvalueセット
         ThisComponent.CurrentController.zoomValue=100
End Sub
 

 


LibreOffice Calc Basic 選択範囲を小数点以下2桁にするマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic 選択範囲を小数点以下2桁にするマクロの実験

B3,B7に12345.678と入力後、B7を選択してマクロを実行。
12345.68と表示されるのは四捨五入の為。

LibreOffice CalcBasic_syousuu2.png

Sub syousu2()

'小数点以下2桁
        ThisComponent.CurrentController.Selection.NumberFormat=2
End Sub 

数字                    NumberFormat
	0		= 1
	0.00		= 2
	#,##0		= 3
	#,##0.00	= 4
	#,###.00	= 5

LibreOffice Calc Basic FileExists 関数でファイル(フォルダ)の存在を調べる [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic FileExists 関数でファイルフォルダ)の存在を調べる

LibreOffice 5.2.5.1_001.png 

書式
FileExists ( Name )

結果
Boolean

  True:対象フォルダ,ファイルは存在します
  False:対象フォルダ,ファイルは存在しません

 

Sub FileExists_test()
    'NASにファイルがあるかを調べる
    Dim fileURL As string

        fileURL = "smb://192.168.0.1/toshiba-1/Calc/So-netBlog統合管理.ods"
  
        If FileExists(fileURL) then
            MsgBox fileURL & " は存在します"
        else
            MsgBox fileURL & " は存在しません"
        End If
End Sub

 


前の5件 | - LibreOffice Calc Basic ブログトップ