So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ
前の5件 | -

東芝dynabooksatelliteK41に内蔵DVDドライブを換装 [東芝dynabook satellite k41]

東芝dynabooksatelliteK41に内蔵DVDドライブを換装
ヤフオクで買った東芝dynabooksatelliteK41にDVDドライブがついてなかったので、DVDドライブを装着した。
接続はSATA,ドライブには取り付ける為のステーが必要。
ステーが無いと振動して異音を発生する。
幸いダミーのケースが付いていたのでダミーに合わせて取り付け金具を作成した。
DSCF0018.JPG
ベゼルが特殊な形なので、ヤフオクで買った場合加工が必要になることもある。
ベゼルも一部切り取って装着出来るようにした。
DSCF0023.JPG
PCに装着して少し隙間が出来た。純正ではないのでこの辺で妥協する。
DSCF0024.JPG
教訓
中古のPCを買うときはフル装備のモノを買ったほうが安くつく。

LibreOffice Calc Basic NASに保存するマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic  NASに保存するマクロの実験
※NASは無線LANルーターのUSBメモリーを使用した簡易NASの事
Blogのエディタが変わった、、旧htmlは新ではソースコード
 
 
Sub NASdateBackUP()
' ルーターの簡易NAS に日付を先頭に付加して保存
'例 test.ods     20170421test.ods

'ファイル名取得
    fileName=ThisComponent.title
        'Print fileName
'日付から / を削除 置換 2017/04/21   20170421
    st=Replace(date,"/","")
        'Print st
'NASに保存
    saveURL="smb://aterm@192.168.0.1/Toshiba-1/Calc/" & st & fileName
        'Print saveURL

    ThisComponent.StoreAsURL(saveURL ,Array())

        msgbox  saveURL & chr(10) & " 保存完了"

End Sub

 

 

Calc_094.png


konaLinuxx3.0-black Wineでwindowsアプリを動かす。 [konaLinux3.0-Black]

konaLinuxx3.0-black Wineでwindowsアプリを動かす。
どこかに記憶違いがあるかもしれませんが、下記の手順で行けると思います。
ただしこの方法が正しいとはかぎりません。
一応Windowsアプリが起動することだけは確認済みです。
konaLinuxx3.0-black debian はubuntuほどはつかいやすくはない。
手順
synapticパッケージマネージャーでwineと検索してインストール
次にwinetricksを選択してインストール
スタート → 実行 をクリックしてwineと入力するとwine関連が表示されるので、winetricksを選択して起動する。
wineの初期設定のためのダウンロード見たいな表示が出るのでインストールする
wine2.png
次にsynapticパッケージマネージャーでwineと検索すると、Q4wineが表示されていたら、インストール指定してインストール
念の為PCの再起動でQ4wineがメニューに表示されるようになる。
なぜQ4wineをインストールしてみたかは、メニューにwineが表示されなかったから。
後はwindowsアプリをインストールする。
wine.png

konaLinuxx3.0-black にgnome-システムモニターをインストール [konaLinux3.0-Black]

konaLinuxx3.0-black にgnome-システムモニターをインストール

システムモニター_011.png

 synapticパッケージマネージャーを起動してgnome-system-monitorで検索しインストールする。

Synaptic パッケージマネージャ _012.png

起動は、スタート → システムツール → システムモニター

 

 

 

 

 


konaLinuxx3.0-blac Linux非対応のBuffalo WLI3-CB-G54L PCカード無線LANを使う [konaLinux3.0-Black]

konaLinuxx3.0-blac Linux非対応のBuffalo WLI3-CB-G54L PCカード無線LANを使う

 Wireless Network Drivers_005.png

手順

wineをsinapticパッケージマネージャーでインストール
Buffalo からエアナビゲータCDをダウンロード1350.exe
端末を起動して、sudo wine /home/telstar/ダウンロード/airnavilite-1350.exe
.wine cドライブに解凍される。

Windows WLAN driverをクリックして起動する。

デスクトップ1_007.png

wLANwindowsDriver.png

フォルダアイコンをクリックして、 /home/telstar/.wine/drive_c/BUFFALO/airnavilite-1350/driver/2CBG54L を指定する。

これでwindows用G54LのドライバーがkonaLinuxで利用できるようになる。

後は、タスクバーのLANアイコンをクリックしてWifiのアクセスポイント選択して、パスワードを入力すればOK

DSCF0006.JPG

 

 


前の5件 | -
2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ