So-net無料ブログ作成

LibreOffice Calc 平均値を求める関数 AVERAGEA,AVERAGEIF [LibreOffice Calc関数]

LibreOffice Calc 平均値を求める関数 AVERAGEA,AVERAGEIF

OS kubuntu16.04 64bit
LibreOffice5.2

LibreOffice Calc_AVEREAG3.png

上の画像のような表計算で平均値 を求める時、未記入セルがあった場合の平均値の求め方

注意 背景色黄色のセルはSUM(B4:G4F4)関数が設定されている

追記 
記入セルの個数を調べる COUNT(範囲)関数と条件判断関数IFを組み合わせればよさそうです。
何をしたいかは空白(未記入)の有るセルの月は平均値を求める対象にしない

SUM関数で各月の合計を求める時

=IF(COUNT(B4:F4)=5,SUM(B4:F$),"")

みたいな感じで未記入項目が有る月は合計を求めないようにすればOK?

 

 

B列に注目しB20セルの数式=AVERAGE(B4:B15) では未記入セルもカウントして結果が期待どうりにならない。
この場合はAVERAGEA(範囲)関数を使用すると期待どうりになる。

=AVERAGEA(B4:B15)

G列に注目し G20セルの数式=AVERAGEA(G4:G15)でも期待どうりの結果にならない。
この場合はAVERAGIF(範囲,条件)関数を使用すると期待どうりになる。

=AVERAGEIF(G4:G15,">10000")      10000以上の値だけの平均値

つまり1月と2月の平均値でこの方法でも完璧と言えないが工夫次第だは使える。