So-net無料ブログ作成

LinuxMint18Cinnnamon 日本語入力MOZCのON/OFFを変換キーに割り当てる [LinuxMint18 cinnamon]

LinuxMintCinnnamon18 日本語入力MOZCのON/OFFを変換キーに割り当てる

OS LinuxMint18Cinnamon64bit

デフォルトでは、CTRL+ SPACE,半角全角キーに割り当てられている。
無変換キーに割り当てられるか試した。

手順
システム設定 → 入力方法 → 言語タブでFcitx欄で追加のインストールが表示されていたらインストールする。

FcitxMozc.png

 右下のMOZCアイコンをクリックし「現在の入力メソッドの設定」を開く。
全体の設定タブで入力メソッドのオンオフでキーを割り当てる。

FcitxMozc2.png

 


LibreOffice calc 絶対参照操作、参照元トレース [LibreOffice Calc全般]

LibreOffice calc 絶対参照操作、参照元トレース

OS LinuxMint18Cinnamon64bit
LibreOffice5.2

絶対参照のヘルプを読むと、Shift + F4と書いてありますが、Shiftは押さなくてF4だけで出来ます。
F4を押すと、$が挿入され絶対参照になり、セル番号、行、列の絶対参照が設定できる。
F4を押すことで循環される。

絶対参照.png

数式で複数のセルを参照して計算する場合など、確認の為に参照元トレースを実行すると確認しやすくなる。

操作は、参照元を調べる数式のあるセルを選択して、
メニューバー →  ツール → トレース → 参照元トレース ショートカットキーはShift+F9

削除は参照元トレースの削除

LibreOffice Calc_参照元トレース.png

LibreOffice Calc_参照元トレース2.png

 

 


LibreOffice Calc Basic 選択範囲を小数点以下2桁にするマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic 選択範囲を小数点以下2桁にするマクロの実験

B3,B7に12345.678と入力後、B7を選択してマクロを実行。
12345.68と表示されるのは四捨五入の為。

LibreOffice CalcBasic_syousuu2.png

Sub syousu2()

'小数点以下2桁
        ThisComponent.CurrentController.Selection.NumberFormat=2
End Sub 

数字                    NumberFormat
	0		= 1
	0.00		= 2
	#,##0		= 3
	#,##0.00	= 4
	#,###.00	= 5

LibreOffice Writer 今日の日付挿入マクロを実行するとシリアル値が入力される

LibreOffice Writer 今日の日付挿入マクロを実行するとシリアル値が入力される。

前記事 2017-3-27 でマクロの記録でフィールドCTRL + F2 で日付を挿入する手順をマクロの記録で記録し実行するとシリアル値が挿入されることが今日わかった。

対策をどうしょうか考え中
writerのbasicマクロに慣れていないので、もっとなれが必要!

 LibreOffice Writer_date2.png

 

Sub writer_insert_Date()
'今日の日付を挿入
'
dim document   as object
dim dispatcher as object
rem ----------------------------------------------------------------------
document   = ThisComponent.CurrentController.Frame
dispatcher = createUnoService("com.sun.star.frame.DispatchHelper")

rem ----------------------------------------------------------------------
dim args1(5) as new com.sun.star.beans.PropertyValue
args1(0).Name = "Type"
args1(0).Value = 0
args1(1).Name = "SubType"
args1(1).Value = 0
args1(2).Name = "Name"
args1(2).Value = ""
args1(3).Name = "Content"
args1(3).Value = "0"
args1(4).Name = "Format"
args1(4).Value = 10080
args1(5).Name = "Separator"
args1(5).Value = " "

dispatcher.executeDispatch(document, ".uno:InsertField", "", 0, args1())


End Sub 

 

 


LibreOffice Writer Basic 今日の日付を挿入するマクロ [LibreOffice Writer Basic]

LibreOffice Writer Basic 今日の日付を挿入するマクロ

マクロの記録で取得したマクロ

 LibreOffice Writer_DATE.png

 

 

Sub writer_insert_Date()
'今日の日付を挿入
'
dim document   as object
dim dispatcher as object
rem ----------------------------------------------------------------------
document   = ThisComponent.CurrentController.Frame
dispatcher = createUnoService("com.sun.star.frame.DispatchHelper")

rem ----------------------------------------------------------------------
dim args1(5) as new com.sun.star.beans.PropertyValue
args1(0).Name = "Type"
args1(0).Value = 0
args1(1).Name = "SubType"
args1(1).Value = 0
args1(2).Name = "Name"
args1(2).Value = ""
args1(3).Name = "Content"
args1(3).Value = "0"
args1(4).Name = "Format"
args1(4).Value = 10080
args1(5).Name = "Separator"
args1(5).Value = " "

dispatcher.executeDispatch(document, ".uno:InsertField", "", 0, args1())


End Sub