So-net無料ブログ作成
検索選択

kubuntu14.04 LTS をkubuntu16.04 LTSにアップグレード通知がきた [kubuntu14.04]

kubuntu14.04 LTS をkubuntu16.04 LTSにアップグレード通知がきた。

Software Update通知に16.04にアップグレードする通知が表示された。
今現在メインで使ってる14.04を16.04にアップグレードする予定はないのでアップグレードをしない。

たしか、16.04になってから、サポートが3年になったので14.04 16.04も2019/04までのサポートのはず。

以前15.10から16.04にアップしたkubuntuがいまいちだったので(言語サポート関係が)改善されていないのなら14.04のほうがいいかも?

windowsも10にするか迷われてた方も多いのと同じでLinuxもアップグレードは悩む!

kubuntuUpgrade.png

追記 2016/08/04

kubuntu16.04upgrade.png

 追記

kubuntu14.04.3LTS64bit をupgradeして16.04にしたら、、再起動後起動出来無かった。

 

 

 


LibreOffice CalcBasic シートの保護、選択範囲だけ入力出来るようにするマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice CalcBasic シートの保護、選択範囲だけ入力出来るようにするマクロの実験

sheetProtect.png

選択範囲セル(背景色を設定)だけ入力出来るようにする。

はじめに、設定する範囲を選択しマクロを実行する。

cellUnProtect.png

マクロで保護するのチェックを外す。

 

 

Sub selectedCellOnly()
'選択範囲のみ入力できるようにするマクロ
'シート保護のパスワードは(Test)

Dim myProtection As New com.sun.star.util.CellProtection

'シート保護解除
    ThisComponent.CurrentController.activesheet.unprotect("Test")

'選択範囲のセルに背景色を設定
    ThisComponent.CurrentController.selection.CellBackColor =RGB(255,255,200)
'セルの保護を解除する
    myProtection.IsLocked=false
    ThisComponent.CurrentController.selection.CellProtection=myProtection
'シート保護
    ThisComponent.CurrentController.activesheet.protect("Test")
End Sub

 


LibreOffice Calc Basic シート名(1月−12月)のシートを挿入するマクロの実験 [LibreOffice Calc Basic]

LibreOffice Calc Basic シート名(1月−12月)のシートを挿入するマクロの実験

CalcInsertSheet2.png

 

 Sub insert_newSheet()
'新規シートの挿入、1月ー12月のシート名で挿入する
'insertNewByName( シート名 , 挿入する位置 )
'

    'シートを先頭(値0)から挿入するので12月からで
    For i=12 To 1 Step -1
        newSheetName= i & "月"
        '同じシート名が有るかチェック
        If ThisComponent.Sheets().hasByName( newSheetName ) Then
                GoTo Loopi
            else
                Thiscomponent.sheets().insertNewByName( newSheetName, 0 )  
        End if
Loopi:
    Next i    
   
End Sub

 


FMV-830NU/L メモリーを1GX2 2GBにした。 [LinuxMint 17 MATE]

FMV-830NU/L メモリーを1GX2 2GBにした。

FMV-830NU/L linuxMint17.2MATE のメモリーを2GBにした。

結果 
起動時間は変わらいみたいだけど、SWAPを使用することがほとんど無くなりまあまあレスポンスになった。
1GBの時はfirefoxなど起動するとSWAPが数百MB使用するのが通常で、この状態だとメニューボタンを押してもレスポンスが悪くメニューが起動するするのに10秒以上かかっていたが2GBにしてからは数秒で起動する。

メモリーはELECOM PC-2700,PC-2100対応、DDR-333,DDR-266対応の1GBX2
ヤフオク2000円ほどだった。

メモリーを交換して、PCを起動するも起動しなかった、そこでバッテリーとACアダプターを外してメモリーを1枚にして起動したら起動できたのでもう一枚セットして2枚2GBでも起動できるようになった。ポイントはバッテリーを外してみるかな?

追記 バッテリーを外してACアダプターで起動し正常に起動することを確認後にバッテリーを装着する

 

一応linuxMint17.2mateのまま2019年まで使用する予定、、

linuxMint17.2MATEsysytemmonitor.png

 

 

 


【三井住友銀行】振込受付完了のお知らせ 詐欺メールがきた。 [その他]

三井住友銀行】振込受付完了のお知らせ  詐欺メール?がきた。

三井住友銀行に口座を持っているのですが、本文なしの、添付ファイルあり、どう考えてもおかしい・・

即刻削除〜

 

smb2.png

追記

私はso-netに複数のメールアドレスをもっているのですが、この詐欺メールは三井住友に登録しているメールアドレスではないアカウントで受信した。

今日、三井住友銀行から登録メールアカウントに 「【三井住友銀行】SMBCポイントパックのポイント残高のお知らせ」というメールを受信した。

送信元は SMBC_service@dn.smbc.co.jp

詐欺メールの送信元は SMBC_services@dn.smbc.co.jp 同じので、、どうなっているのでしょ??

三井住友銀行の http://www.smbc.co.jp/security/index.html 

http://www.smbc.co.jp/security/phishingmail.html#sample_14  をチェック